部分矯正とは | 江別の矯正歯科ならアップル歯科歯列矯正専門サイトへ

歯列矯正とは

歯列矯正とは?

「歯並びを治したい、キレイにしたい」と思う事情は人それぞれだとは思いますが、大きく分けて2通りの理由があるように思います。

ひとつは、見た目を変えたい、整えたいという審美的な理由です。
口を開けて思い切り笑うことに抵抗が出てしまう、どうしても自分の笑顔に自信が持てない、見た目を気にしてしまっていまいち積極的になれない…などです。

もうひとつは、歯の機能的な理由です。物をきちんと噛むことが難しい、滑舌がいまいち良くない発音をしっかりとしたものにしたい、歯みがきが上手くできずに虫歯や歯周病、口臭に悩んでいたりといった理由が挙げられます。
管楽器をやっている方で、マウスピースを上手く噛めないという理由で歯列矯正される方もいらっしゃいます。どちらも大切な理由ですが、一見すると関係ないように見えるこの2つは、実は無関係ではないのです。
整った歯並びは口腔内の環境を良くするだけに留まらず、心と身体の健康において、互いに深い関係性を持っています。

美しい笑顔と健康的な身体で、充実した毎日を手に入れてみませんか?キレイな歯並びを手に入れたいと考えたということは、そこに至るまでになんらかの理由があったということです。歯並びを治したいと思った時が、歯列矯正を始めるベストなタイミングです。

  • きれいな歯並び

  • 正しい発音

  • 顔のバランスが整う

  • よく噛んで食事ができる

  • 歯の健康を保つ

機能面から見た「良い歯並び」の重要性

「歯列矯正」と聞くと審美面(見た目)のメリットのみがクローズアップされることが多いと思いますが、ここではまず機能面から見たメリットをご説明いたします。
歯並びが身体全体の健康に及ぼす影響の大きさをご理解して頂けると思います。
歯並びやかみ合わせの悪さは、単に見た目の良し悪しに影響があるだけではありません。それが原因で、頭痛や肩こりだけでなく、全身のあちらこちらに影響が出る場合があるので注意が必要です。

「良い歯並び」=「良い噛み合わせ」、「良くない歯並び」=「噛み合わせが良くない」とお考え下さい。

「噛み合わせが良くない」「噛み合わせが悪い」といった状態は、以下のような不都合を引き起こす原因となります。

歯列矯正をすることによるメリットのまとめ

歯列矯正の方法

前歯の歯並びが気になっていたけれどなかなか歯列矯正に踏み切れなかった方も多いのではないでしょうか。歯列矯正とは歯を動かして歯並びや噛み合わせの治療をしていくことです。最近は子供の時から行う方が多いです。しかし、実は大人になってからでも 歯列矯正をして歯並びをきれいにすることもできるのです。
アップル歯科では、基本的に、最も一般的でそれ故に汎用性が高く幅広い事例に対応することが可能な「ワイヤー矯正」と共に、透明なマウスピースを使用する最新のマウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)を採用しています。

また、固定源が少ない、または存在しないなど、口腔内が矯正治療を行うのに適さない状態になっている患者様の場合には、「インプラント矯正(アンカースクリュー矯正)」を採用しています。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正では「ブラケット」と呼ばれる、歯に装着する装置を使用して矯正治療を行います。
通常は金属製ブラケットを使用しますが、目立たつ審美性が高いセラミック製やジルコニア製、プラスチック製などの透明・白色な素材を使用する審美ブラケットや、ワイヤーとブラケットの摩擦力を軽減して違和感を最小限に抑えるセルフライゲーションブラケットにも、もちろん対応しております。

マウスピース型矯正歯科装置
(インビザライン)

薄さ僅か0.5mmの透明なマウスピースを使用する矯正方法です。
装着してもとても見えづらいという特徴を持ち、矯正治療中であることを他人に気付かれにくいというメリットがあります。
また、食事や歯みがきの際には取り外すことが出来ますので、衛生面、快適性においても大きなメリットがあります。
詳しくはこちらをご覧下さい。

インプラント矯正(アンカースクリュー矯正)

固定源が少ない、または存在しないなど、口腔内がワイヤー矯正に適さない状態となっているような難易度の高いケースに対応する、新しい矯正治療方法です。
アンカースクリューと呼ばれる直径1~2mm程度、長さ6~10mm程度のチタン製極小インプラントを顎の骨に埋め込み、固定源とすることで、今までの矯正治療では難しかった歯の移動が可能となりました。

従来の方法では、難易度の高い矯正治療を行う場合、顎を切るなどの外科手術が必要であったり、患者様へ大きな負担をかけるヘッドギアを使用する必要がありましたが、インプラント矯正(アンカースクリュー矯正)の登場によって、矯正治療の幅が広がりました。
埋入したアンカースクリューが骨に固定されるまでは過度な刺激を与えないように注意が必要ですが、日常生活の障害になるようなことはありません。
治療終了後は、アンカースクリューを取り外します。

インプラント矯正(アンカースクリュー矯正)は多くのメリットがある反面、極小ではありますが顎の骨にスクリューを埋め込むということに対して不安を覚える患者様が多いのも事実です。

患者様によってメリット・デメリットが変わってくるケースもありますので、「この治療法しかない」という場合には、患者様に分かりやすくご説明した上でご相談をし、ご同意を得て治療を行なっていきます。